リップル取引所代表を逮捕

ニュース

リップル取引所代表を逮捕

暗号通貨預り金詐取容疑で逮捕

 警視庁サイバー犯罪対策課などは18日、暗号通貨リップルの取引金を客から騙し取った詐欺容疑で、取引所「リップルトレードジャパン(RTJ)」代表竹中優樹容疑者(31)=京都市山科区勧修寺西金ケ崎=を逮捕。竹中容疑者は容疑を大筋で認めているという。

2015年2~3月に全国の40人以上から約1700万円を詐取していた疑いがあり、同課は裏付け捜査中。

逮捕容疑は、同社の経営が悪化し、事実上破綻していた15年3月3日、払い戻し能力がないのに宮城県内の男性客から140万円の現金をRTJの口座に振り込ませた詐取容疑。

同課によれば、同社は同年3月頃から竹中容疑者と連絡が取れない状態になっており、15年初め頃には既に資金が枯渇していたのではないかとみられている。騙し取った金は竹中容疑者が個人的に使い込んでいたとみられている。

リップルとは……

最後にリップルについて簡単に説明。
リップルは、現在世界中の金融機関が迅速かつ手数料がかからない国際送金を実現化させるためのシステムとして導入作業を行っている暗号通貨技術を利用した送金システムであり、日本では三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行などの計61行がSBIホールディングスと米リップル社の合弁会社である。SBI Ripple Asia が主導する内外為替一元化コンソーシアムに参加している。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!